妊娠中の高血糖を防ぐ食事と過激なダイエットについて

妊娠をすると血糖値が上がりやすくなります。

元気な赤ちゃんを産むためには、血糖値のコントロールが必要です。

妊娠中の高血糖を防ぐには、どうすればいいのでしょうか。またここ最近では妊娠中や妊活中であっても急激なダイエットをする人が増えています。

血糖値が高くなる理由

36c26ee09488f62bfd0f5f86fd5b864d_s

妊娠中はインスリン拮抗ホルモンという血糖値を下げにくくするホルモンが生成されるため、血糖値が下がりにくくなります。そのため、妊娠すると高血糖になりやすくなります。

高血糖状態が続くと、妊娠・出産に関するリスクが高まります。お母さんへの影響は、尿路感染症、羊水過多、腎症、網膜症、妊娠高血糖症候群などがあります。胎児への影響は巨大児、低血糖、多血症、呼吸障害などのリスクが高まります。

血糖値を上げない食事

高血糖を避けるには、血糖値を上げない食品を選ぶことが大切です。血糖値の上がりやすさを示したのがGI値です。GI値が高いほど血糖値が上がりやすく高血糖を招きます。

GI値が高い食品は、白砂糖、じゃがいも、食パン、白米、アイスクリーム、餅などです。女性は甘いものが好きですよね。アイスクリームやケーキなど甘いものは大量の砂糖と精白した小麦使用しているので、血糖値を高くします。

甘いものが好きだった方が妊娠してからいきなりやめるのは大変だと思うので、妊娠を考えている女性は妊娠前から食事を少しずつ変えていきましょう。

白米や白いパンなど精製した穀類よりも、玄米や全粒粉など未精製の穀類の方がGI値が低く、血糖値を上げにくいです。葉野菜や豆類もGI値が低いです。

GI値が高い食品は控えて、GI値が低い食品を選ぶようにしましょう。

また、おすすめなのが半日断食ダイエットです。これは夕飯を午後6時までに食べて、それ以降は何も食べない方法です。

この方法だと6時までにどんなに間食をしても体重がほとんど増えません。また胃腸を休めることもできるので、健康にも良いのです。

不妊症と過激なダイエット

子どもができて当たり前という考えを持っている人は、もうほとんどいないのではないかというくらい浸透してきた「不妊」という言葉ですが、不妊には様々な原因があります。

その一つに過激なダイエットが挙げられます。思春期の過激なダイエットをしてしまうと生理不順になってしまったりして、いざ子どもが欲しくなった時に実は子どもができにくくなってしまっている場合も少なくないのです。

こちらにも詳しく女性のダイエットについては書いてあります。

>>女性でダイエットするならこれ!情報満載サイト

女性にとって健康的に痩せることの大切さ

過激なダイエットが不妊の原因にもなると書きましたが、実は太りすぎも不妊の原因になっている場合もあります。

痩せすぎず、太りすぎず、健康的にダイエットをして妊娠しやすい体を目指しましょう。

コメント投稿は締め切りました。