女性に多い病気と女性特有の病気とは

男性と女性の病気といっても、男性にしかない病気もあれば女性にしかない病気もあります。これは人間であればしょうがないことです。

そこでここでは、女性がなる病気となりやすい病気の2つの病気についてかいていきます。どちらも女性にとっては大変つらい症状なので、これをみて参考しください。

女性特有の症状!生理痛

0647e193973fa838fc2f0973cd33d704_s

女性はこの病気に悩んでいる方が多いと思います。生理痛は立派な病気なのに生理痛を理由に会社や学校を休むことってできないですよね。

それに毎月の事なのでお仕事に関しては本当に大変だと思います。実は私も立てなくなるほど生理痛がひどかったんです。

生理痛がひどい人は骨盤の歪みがひどい方が多いそうです。改善法は運動すること、ただ一つです。私の場合は1時間毎日歩いていました。

その際に気を付けることは大股で歩くこと。荷物を何も持たないことです。重たい荷物を持っていると逆に歪みがひどくなる場合があるので要注意です。お金と時間があるのなら、整骨院に通うことが一番の解決法だと思います。他にはサプリメントを飲んで生理痛が無くなった方もいます。

私が知るサプリメントは「命の母 ホワイト」と言うメジャーなものです。朝・昼・晩に4錠ずつ飲むのですがこれが結構ハードでした。

生理痛がなくなることはなかったのですがこのサプリメントを飲んでいると「精神的なイライラ」が無くなりました。気分がなんとなく沈んだり、生理前特有のイライラが消えたので私は効果はあったかな、と思います。

冷え性

女の子は皆冷え性ですよね。そもそも男性と女性では体感温度が異なるので女性が一般的に冷え性であるのは確かだと思います。

実はこの冷え性が生理痛と密接に関係しているらしく、冷え性を治す方法もまた、歩く、ということなのです。食生活を変えるとか他にも方法はあると思いますが一番今すぐに始めれそうな方法です。

またデスクワークで肩こりがひどいと言う方は足が冷えやすい人だそうです。分厚い靴下やカイロなどを使って足を冷やさないようにしてデスクワークに臨んでみてください。

肩こりがすごく軽くなっています。これは私もやってみたのですがいつもより肩が軽くてはかどりました。

私は実際に整骨院に通っていて以上の知識はすべて先生から実際に教えていただいたものです。よかったら皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

コメント投稿は締め切りました。