女性の疲労と女性ホルモンが原因で起こりやすい病気とは

疲労や疲労感は誰でも起こりうるものですが、女性の場合は特に女性ホルモンとの関係も大きいようです。

気持ちが張っている時は多少身体が疲れていても、疲労感は感じにくいものです。ここで女性の疲労と女性ホルモンが原因でおこる病気について書いていきます。

女性の疲労

12753e14152703662bba7b2db033a40a_s

しかし疲労感が強く表れてくるのは、緊張が取れた時に多いようです。

この時に十分な休息を取らないでいると、さまざまな体調不良の症状に繋がっていってしまいます。

特に生理中は特に意識をして休息を取るようにしましょう。また、鉄分を多く含む食材を摂ることも必要です

仕事と家事の両立で忙しい女性たち

女性は仕事を持っていても、家庭でも家事をこなさなければいけない人が多くいます。
そのため、なかなかゆっくりと休むことができなくて、ついつい無理をしてしまいがちです。

多くの病気が疲労や生活習慣が原因で起こっていることが多いものです。
十分な休息や質の良い睡眠は身体の機能を回復させるためには、非常に大切なことです。

まずは自分の体を大切にし、無理をしすぎないように気をつけましょう。
疲労が溜まってくると、女性ホルモンのバランスも乱れがちになってしまいます。

生理痛がある人は普段から豆乳を飲む習慣をつけるのも良いでしょう。

豆乳をはじめとした大豆食品は、女性ホルモンのバランスを整えてくれますので、積極的に摂っていきたい食品です。
体調が優れなくても休まずに、薬やサプリメントなどに頼りすぎていると、副作用などの症状が生じてしまう危険性があります。

栄養のある食事と十分な休息を心がけ、まずは健康を考えた生活を送ることが大切です。

女性ホルモン乱れからかかりやすい病気

間接リュウマチは患者の80パーセントが女性と言われていています。女性ホルモン、体質、ストレスなどが原因です。

片頭痛は男性の4倍女性の方がなりやすいです。生理前にエストロゲンが減り、セロトニンに影響をおよぼします。

そして脳の血管が広がり片頭痛になるといわれています。骨粗しょう症は男性の13倍なりやすいです。女性の骨はもともと男性よりも細く小さく、閉経時に女性ホルモンが減少し骨粗しょう症になるといわれています。

またうつ病はホルモン変動から2~3倍も男性よりもなりやすいです。

その抑うつ状態に陥り、アルコール依存症は女性の方が短い飲酒期間で依存すると言われています。男性よりも肝臓が小さくアルコール分解が遅いからです。

女性ホルモンに影響をあたえてしまう行為をやめよう。

日常の様々な行為が女性ホルモンの働きを弱めてしまいます。まずは煙草です。煙草の煙は女性ホルモンが作られるのに必要な酵素を抑えて、卵巣機能を駄目にします。

次は睡眠です。寝不足が続くと女性ホルモンの分泌が低下します。次はダイエットです。いきすぎた食事制限はホルモンバランスを崩す原因となります。

これらの事に注意して女性の疲労やかかりやすい病気には気をつけていきましょう。

コメント投稿は締め切りました。