妊娠したいと思っている人への食事アドバイスあれこれ

最近は国内でも少子化傾向が強くなってきています。

妊娠できない原因としては、環境ホルモンで大気の汚れやインスタント食品など食生活の乱れ、着色料、電子レンジで温めた場合の浸出する化学物質、殺虫剤に使用されている内分泌撹乱科学物質などです。

一連の化学物質が動物の生殖システムに大きく影響しているのだそうです。

妊娠と科学物質

882e6ed354e25aed8d994b1791ef1f61_s

妊娠しにくい女性のほとんどは、子宮内の血液の循環が悪くなって、血液がスムーズに流れにくくなっているといいます。

大きくてしっかりとした卵子が成長しないために妊娠をさまたげているということです。

さらに黄体機能が悪いので、子宮内膜の受精卵の着床にまで影響しているということです。

脳にあるホルモンの分泌を指示する視床下部にまで影響していて、自律神経のコントロールを乱し、ストレスの影響を受けやすくなっているということです。

赤ちゃんがなかなかできない原因としては

しっかり妊娠するためには、男子の精子の数や運動能力、女性のホルモン分泌を促すことが必用です。さらに、体内で10ヵ月の間胎児を育てていくための環境を整えることが必用なのです。

赤ちゃんがなかなかできない原因としては、食生活の乱れが指摘されることが多いです。妊娠したいと思っているのであれば、まず食生活の乱れから直すことが必要になってきます。食生活の乱れの中でも、コンビニ食品やファーストフードなどを用いることですぐに食事を摂れるというメリットがあります。

しかし、栄養素としては偏っていたり、カロリーなども高め、そして食品添加物などの問題点もあって、あまりおすすめできないです。

妊娠したいと思っているのであれば、食材から自分で選び、自分で作ったものを「ゆったりとした気持ちで食べる」ということが必要ではないでしょうか?楽しく食事をすることで消化や吸収もよくなってきます。
また、妊娠しやすい食材というのもあります。

人間の体を保つには、健康のために必要な食材がたくさんあります。野菜・果物・芋類・肉類・卵・乳製品・大豆製品・海藻類・魚貝・ナッツ類・油脂類などバランスよく摂ることが必要です。

栄養素と妊娠

栄養素としては、ビタミンやミネラルなど細胞の若さを保ってホルモンを活性化させるものが必要です。これらの栄養素が不足してしまうことで、身体は老化したり、血液循環なども悪くなりホルモン分泌にも影響してきてしまいます。

食事だけで摂取できない場合には、サプリメントなどで補充することも可能です。健康を維持し、妊娠のためのホルモンをつくり、生殖機能が活性化してきます。

もしも、ビタミンやミネラルなどの栄養素が不足してしまうと、疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなったり、眠れない、イライラするなどの症状が起きてきます。栄養不足から不妊症を引き起こしてしまう場合もあり、生体機能の乱れからホルモンの分泌を悪くしてしまうのが原因です。

ストレスから不妊症を抱えている人は多く、ストレスをそのままにしていると悪化させてしまう場合もあります。排卵障害が起きたり、無月経になったり脳の視床下部が調整機能を失っているからです。

男性では、ストレスからインポテンツ(勃起障害)などが起きる場合があり、自律神経と関連していることがわかります。

生活習慣と妊娠

食事以外には、妊娠しやすくなるために生活習慣を整えるということも必要になってきます。日常生活では男女ともに身体の血行が悪くなることで妊娠しにくくなってしまいます。

そのため日常の服装でも体内の血行を意識した服装が大切です。まず、血行をよくするためには身体をしめつける服装は不妊症になってしまう危険性があります。

下半身を圧迫する下着やぴっちりと着こなすジーンズは骨盤への血行が悪くなってしまいます。

コメント投稿は締め切りました。